医療事務資格と仕事

医療事務資格が多くの種類があるように、医療事務の仕事も多くの種類があります。

小さな病院などでは、医療事務関係すべてをこなしている人もいますし、逆に大きな病院では、部署が細分化され、受付業務を専門にする人、医療費の支払い業務をする人、患者さんとは相対せず診療報酬明細書(レセプト)を作成する人に分かれています。
掃除等の雑用も、業者に任せているところから、看護師さんと一緒にするところと、様々です。

医療事務資格取得を目指すより先に、希望する医療機関があるなら、そこがどのような体制になっているのか、調べる必要があります。
資格の知識を必ずしも必要としていないところもありますので、小さくてもレセプト作成はすべて外注しているところもありますので。

医療事務資格を始めて目指すなら、まずは診療報酬明細書(レセプト)の資格がよいと思います。全般的な専門用語も覚えられますし、評価の高い資格も多いので良いと思います。但し、医療保険制度の習得等結構難しいので、それなりに頑張る必要があります。

医療事務資格の合格を目指して、頑張りましょう♪
posted by 資格なら医療事務 at 12:04 | 医療事務の資格
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。