医療事務の魅力とは

一般的に医療事務の仕事は年をとっても働くことができる。出産や、育児の後も仕事に復帰しやすい。景気などの外部要因によって良くなることもないが、悪くもならない。全国各地の病院どこでも勤められる。などとてもメリットが多い職場だと考えます。
医療事務のお給料は他のパートなどの仕事と比較して高くはありません。医療事務の仕事は総合病院などの正社員以外は、お世辞にも高いとは言いがたい給料しかもらえません。ですが、それでも医療事務資格の人気が高いのはライフスタイルに影響を受けにくいからでしょう。

医療事務とは接客業と言えるでしょう。数々の苦情をまず向けられるのは受付に立つ医療事務です。なんやかや厳しく言われることも少なくないので、心の持ち方を強くして臨むことが必要となります。

女性の多い職場ではいじめが少なくないと聞きますが、近くに男性がいるところはいじめ等は少ない感じがあります。男性スタッフが傍にいるといじめている本人は視線を嫌がるのだそうです。
本当のところ、医療事務資格を取っても経験者のほうが採用される確率が高く、すぐに採用されるとは限らないのです。医療事務を取ったら、夜間といった人が足りていない時間帯のシフトに率先して応募するなどして実務をこなしていき、徐々に条件の整った勤務先に挑戦するのが間違いない方法です。

医療事務の資格試験は保険の仕組みなど全くの未経験者には難しい範囲もあるのですが、まず第一に難度の低い資格を目指して専門スクール等で学ぶなら理解のコツを伝授してくれたり、質問に回答してもらえるたりするのであまり心配はないです。

専門学校の通学講座にて学ぶと先生がたの知識と経験に驚きます。講義だけでなく疑問点にも実務の現場を念頭に入れて答えてくれるので、関連の書籍だけでは得られないようなことまで勉強することができます。

通信講座は自分の都合に合わせて自分のペースで進められることが一番の魅力です。添削問題を活用することで弱い点に気づくことができ、又課題へのコメントなどが励みになると思います。
医療事務の立場は病院では単なる雑務処理のように受け止められているところもあり、労働時間の検証まで気を遣われることがほぼ0のところもあります。それ以外にも、大きな病院では長く勤めている医療事務の先輩の中でめんどくさい派閥争いもあるそうです。

医療事務員同士のいやみよりもナースのほうが嫌だとの意見もあります。国家資格合格のナースは自信満々で負けん気が強い。親しみやすい看護師もいますが、「ああ事務屋ね」というような上から見下した感じの人がいるのも事実です。
医療事務の資格関連の広告ではいっぱいの有利な部分が紹介されています。
・出産や育児の後も続けやすい。
・安定性だけでなく、将来性も秀逸!等 
知っていただきたいのは、勉強して医療事務の資格をとったけれども、仕事がない。という問題は無いと言えるのでしょうか?
posted by 資格なら医療事務 at 22:42 | 医療事務の資格
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。