医療事務の魅力とは

一般的に医療事務の仕事は年をとっても働くことができる。出産や、育児の後も仕事に復帰しやすい。景気などの外部要因によって良くなることもないが、悪くもならない。全国各地の病院どこでも勤められる。などとてもメリットが多い職場だと考えます。
医療事務のお給料は他のパートなどの仕事と比較して高くはありません。医療事務の仕事は総合病院などの正社員以外は、お世辞にも高いとは言いがたい給料しかもらえません。ですが、それでも医療事務資格の人気が高いのはライフスタイルに影響を受けにくいからでしょう。

医療事務とは接客業と言えるでしょう。数々の苦情をまず向けられるのは受付に立つ医療事務です。なんやかや厳しく言われることも少なくないので、心の持ち方を強くして臨むことが必要となります。

女性の多い職場ではいじめが少なくないと聞きますが、近くに男性がいるところはいじめ等は少ない感じがあります。男性スタッフが傍にいるといじめている本人は視線を嫌がるのだそうです。
本当のところ、医療事務資格を取っても経験者のほうが採用される確率が高く、すぐに採用されるとは限らないのです。医療事務を取ったら、夜間といった人が足りていない時間帯のシフトに率先して応募するなどして実務をこなしていき、徐々に条件の整った勤務先に挑戦するのが間違いない方法です。

医療事務の資格試験は保険の仕組みなど全くの未経験者には難しい範囲もあるのですが、まず第一に難度の低い資格を目指して専門スクール等で学ぶなら理解のコツを伝授してくれたり、質問に回答してもらえるたりするのであまり心配はないです。

専門学校の通学講座にて学ぶと先生がたの知識と経験に驚きます。講義だけでなく疑問点にも実務の現場を念頭に入れて答えてくれるので、関連の書籍だけでは得られないようなことまで勉強することができます。

通信講座は自分の都合に合わせて自分のペースで進められることが一番の魅力です。添削問題を活用することで弱い点に気づくことができ、又課題へのコメントなどが励みになると思います。
医療事務の立場は病院では単なる雑務処理のように受け止められているところもあり、労働時間の検証まで気を遣われることがほぼ0のところもあります。それ以外にも、大きな病院では長く勤めている医療事務の先輩の中でめんどくさい派閥争いもあるそうです。

医療事務員同士のいやみよりもナースのほうが嫌だとの意見もあります。国家資格合格のナースは自信満々で負けん気が強い。親しみやすい看護師もいますが、「ああ事務屋ね」というような上から見下した感じの人がいるのも事実です。
医療事務の資格関連の広告ではいっぱいの有利な部分が紹介されています。
・出産や育児の後も続けやすい。
・安定性だけでなく、将来性も秀逸!等 
知っていただきたいのは、勉強して医療事務の資格をとったけれども、仕事がない。という問題は無いと言えるのでしょうか?
posted by 資格なら医療事務 at 22:42 | 医療事務の資格

医療事務資格と仕事

医療事務資格が多くの種類があるように、医療事務の仕事も多くの種類があります。

小さな病院などでは、医療事務関係すべてをこなしている人もいますし、逆に大きな病院では、部署が細分化され、受付業務を専門にする人、医療費の支払い業務をする人、患者さんとは相対せず診療報酬明細書(レセプト)を作成する人に分かれています。
掃除等の雑用も、業者に任せているところから、看護師さんと一緒にするところと、様々です。

医療事務資格取得を目指すより先に、希望する医療機関があるなら、そこがどのような体制になっているのか、調べる必要があります。
資格の知識を必ずしも必要としていないところもありますので、小さくてもレセプト作成はすべて外注しているところもありますので。

医療事務資格を始めて目指すなら、まずは診療報酬明細書(レセプト)の資格がよいと思います。全般的な専門用語も覚えられますし、評価の高い資格も多いので良いと思います。但し、医療保険制度の習得等結構難しいので、それなりに頑張る必要があります。

医療事務資格の合格を目指して、頑張りましょう♪
posted by 資格なら医療事務 at 12:04 | 医療事務の資格

医療事務資格と履歴書

医療事務資格を取得していれば、当然履歴書に書いていると思います。

私も、当然書いてきました^^

医療関係への就職、バイトだからといって特別なことはありません。普通に、丁寧に書きましょう。

医療機関で、私は面接するほうの立場になったこともありました。
履歴書の整理や面接のセッティングなどの雑用係ですけど。

履歴書については常識では考えられないものも見てきました。
例えば、写真がない、字がむちゃくちゃ汚い、志望動機欄が空白等・・・
就職したいという気持ちがまったく伝わってきません。

字はきれいでなくても、丁寧に読みやすい字を書きましょう。誤字・脱字や修正テープでの訂正はもってのほかです。

履歴書を丁寧に書くなんて、当たり前だと思っている人が多いでしょう、
でも、実際きちっと書いている人って結構少ないのです。
多くの履歴書を見ていかなければならない、面接する側の立場で考えてみてください。

医療事務資格については、単に取得した資格を羅列するのではなく志望動機と絡めてみたり、まだ取得していなくても、資格取得を目指して勉強中などと書いていると、結構好評価です。

資格が絶対ではないです。医療事務で働きたいという、やる気が感じられる履歴書を心がけてみて下さい。
posted by 資格なら医療事務 at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療事務の資格

医療事務の資格

医療事務資格があると、病院で医療費の請求である診療報酬明細書(レセプト)の作成や受付・助手業務といった仕事ができます。資格がなくてもできなくはないですが、採用する側としては資格のある人、経験のある人を取りたいと思っている場合が多いので、医療事務資格を取得する人が増えています。

医療事務資格試験は民間の資格ですが、大きく分けると、各団体が主催する「検定試験」と財団法人主催の「認定試験」の2つがあります。更にいうと、報酬請求事務能力認定試験、医療秘書技能検定、医事コンピュータ技能検定など10種類以上の資格試験があります。

医療事務資格を取得するためには、各認定団体が実施する講座を受講したり、専門のスクールに通って勉強してから試験に臨むほうが資格を取得しやすいです。また資格によっては、専門学校等で指定の講座を履修していることを受験条件としている場合もありますので、注意が必要です。
posted by 資格なら医療事務 at 10:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療事務の資格

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。